読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
海外のニュースサイトから記事を抜粋し、英文解釈をしています。語彙、文法的な説明を加えていますので、高校生や語学を行う社会人の方のお役に立てれば幸いです。

TIME “the Key to Protecting Your Privacy” を英文解釈:1

こんにちは。

 「海外ニュースで英文解釈」のKohei Takedaです。

 

記念すべき一発目を迎えました…!

前回の予告通り、下記の記事を引用して英文解釈を進めていこうと思います。

time.com

“プライバシー”に関する内容ですね。

ちょっとかたそうにも見える記事ですが…けっこう身近でかつ重要なことなので。

 

今回は冒頭の1段落を読んでみます。

理解できるかどうかは置いておいて、ひとまず下記の英文にトライしてみて下さいませ~。

When it comes to protecting our privacy, we can take a cue from teenagers. As WikiLeaks’ recent disclosures revealed, the CIA and other agencies have designed and purchased hacking tools that can use your personal devices, including laptops and TVs, to secretly spy on you in your own home. Savvy tech users, as many teens are, know their laptop cameras are vulnerable to hacks. So they tape over them.

いかがでしょうか?

 

個人的には

「“WikiLeaks”とか“CIA”とか、聞いたことはあるけど深くは知らん!」

ってときの方が心的疲労を感じている気がします…。

 

(聞いてない?)

 

雑談は置いておいて、さっそく解釈のポイントをおさえてみましょう!

カンマで区切る意識が大切

今回のポイントは“文中のカンマをフル活用する”こと。

 

スペルの長~い単語と比べると、ほんの少しのスペースしかとらないカンマ。

多くの初心者に相手にしてもらえない残念なヤツですが、与えられている役割は意外にも重大なんですよ。

 

カンマは日本語でいう句読点のことで、その前後で内容的な区切りを表す役目を果たしています。

 

逆手に取れば、読み手にとってはひと呼吸おけるタイミング。

 

集中すればするほど一文を一気に読み切ろうとする人が多いのですが、それでは長い時間もちません。

 

 (これが原因で、本当に呼吸が浅くなっている人もよく見かけます。

笑い話のようですが、リラックスできていないと実力を十分に発揮できないから深刻です。)

 

まずはカンマまでの内容を理解することだけに集中する。

 それができたら一度頭の中をリセットして、続く内容だけに集中する。

 

こんなイメージ。

 

このコントロールができるようになるだけでも、きっと「今までと違う私!」を感じるはずです。 

 

 では第1文の解釈へ。

さっそくカンマの登場だ!

When it comes to protecting our privacy, 

 「短くない!?」

短いです。

そう感じても、慣れるまでは真摯に取り組むべし。

 

「私たちのプライバシーを守るときには、」という書き出し。

 

“When”には2つの英文をつなぎ合わせる役目がありますね。

後半の内容が気になります。

 

“When it comes to”とひとまとまりに気づいて「~といえば」と訳された方もいらっしゃるのでは?

大学受験の英語でも出題されるフレーズのひとつですね。

 

ただし、いわれるがままに丸暗記するのは、今後の伸びを鈍らせるやり方です。

 

英語と日本語を1対1で覚えるのではなく、間をつなぐ解釈を探してみるのが、より多くのフレーズを覚えるコツですよ。

 

今回の場合、“it”が暗に「話題」のことを指し、具体的には“to”以下に書かれているとしてみましょう。

 

「話題がto以下(~)のときには」

「~といえば」

 

こんな調子で。

 

 続いて第1文の後半。

we can take a cue from teenagers.

「私たちは若い世代からヒントを得ることができる。」

 

 “a cue”の発音はキュー。

 

テレビなどの撮影で

「3・2・1・キュー!」

と使われているあの単語ですよ。

 

「演技開始!」の“合図”という意味で、“物事のとっかかり”や“ヒント”を指します。

 

本日のまとめとお開き

When it comes to protecting our privacy, we can take a cue from teenagers.

「プライバシーを守るというとき、私たちは若い世代からヒントを得ることができる。」

 

本日はここまで…。

 

(思っていたよりも時間かかるものだなぁ…。

1回でもう少しは進められるよう頑張ります。)